mug-g.tumblr.com RSS

メインはこちら

http://mug-g.halfmoon.jp/

 

プロフィールはこっち

http://iddy.jp/profile/Mug-G/

Archive

Jul
25th
Fri
permalink

89 : 餌(大阪府):2010/02/27(土) 23:56:18.74 ID:3Y5SR8WO
移民反対してるアホは、どうやって莫大な社会保障費を払うのか教えてくれ
国家破綻以外の道はないぞ

113 : アルコールランプ(福岡県):2010/02/27(土) 23:59:33.96 ID:0zAiCSLt
»89 
移民を推進したヨーロッパ各国は

社会保障費の増大と、治安の悪化が大問題になってるだろ

なんで現実見れないんだ?


115 : 釜(愛知県):2010/02/27(土) 23:59:48.46 ID:Qxa3KKQs
»89 
受け入れた移民の社会保障費は誰が払うんだよ

permalink

(Source: twitter.com, via hkdmz)

permalink
俺、ぼっこぼこに殴られて育った。
調子崩して、精神科行き、そこで医者が母親に聞いた
「お子さん、十分に愛してあげましたか」
母親、きっぱりさっぱり「いいえ」
ドラマじゃないが、何かが切れた瞬間だった
どっかで期待してたんだろな
permalink
permalink

今回の岡山誘拐監禁事件について、被害者テレビを見て寝転がっていたのだから誰も傷付いていないだの、

なんぼなんでもくつろぎすぎだろwなどの揶揄、非難、

「抵抗していないのだから合意」みたいな意見散見された。

11の子供に。この先何年も閉じ込められていたかも知れなかったし、命を取られてもおかしくなかった状況から生還した被害者に、

一体何を求めているのか。

手足を縛られてぐったりと衰弱した様子で保護されたなら文句はないけど、とでも言うのか。

彼女が生きて帰って来られたのは、彼女の行動が、彼女の選んだ選択肢が、間違っていなかったからだ。

意図してのことかどうかは分からないが、生き残ったのだからしかったのだ。

パジャマを着て、アニメを見ることを選んだから彼女は帰って来られた。

他のどんな行動が犯人をどう刺激したかなんて誰にも分からない。

permalink
サマソニ行ってまで違法ダウンロード禁止CM見せられるのか。サマソニにいる客は音楽にお金を払う優良ユーザーがほとんどだと思うけど。 / “一般社団法人 日本レコード協会|プレスリリース” http://htn.to/yx4uY7 
permalink
そこで注目したいのがロシア側の態度だ。前述のように、米国はケリー国務長官が「親露派とそれを支援するロシア」という構図で多くの証拠を提示し、オバマ大統領やバイデン副大統領などの国家トップもこれを支持している。 ところがロシア側は、直接的なウクライナ批判はもっぱら国防省や国連大使に任せ、プーチン大統領は「東部で戦闘が起こっていなければこのようなことにはなっていなかった」と間接的にウクライナを批判する発言しか行っていない。この言い方では「撃墜した主体は他にいるが、戦闘状態を発生させたウクライナにも責任がある」という風にも解釈でき、ウクライナが撃墜したのだという国防省の主張とはかなり温度差がある。 うがった見方をするならば、親露派による攻撃であることが言い逃れできなくなった場合に備えて、やや親露派と距離を置いた発言を行っていると取ることも不可能ではあるまい。
permalink
逮捕されたらアニメが観られなくなるから本当のアニメオタクは犯罪を犯さないと言う意見があるけど、その理論だと、逮捕されたら風俗店にすら行けなくなって男だらけの刑務所に入れられると分かっているのに再犯を繰り返す性犯罪者の説明がつかない気がします。
permalink

Tumblr を見ていたら、「平和の反対語は混乱であり、それは 状態を指す言葉である。 戦争は暗殺、脅迫、政略結婚、買収、 対話等と並ぶ外交手段の一つである」という文章が流れてきて、これはいい定義だなと思った。

現状を否定して、「平和」みたいな「かくあるべききれいな理念」を唱えてみせる人には、時々たくさんの支持が集まる。きれいな言葉に心癒されて、じゃあその腐った現状をどうすればきれいになるのか、答えは結局聞こえない。

答えの見えない現状に、じゃあ「こうしましょうよ」なんて提案しようものなら、今度は「お前は平和が嫌いなのか。戦争に賛成するのか!」なんて叩かれて、「戦争に与する極悪人」のレッテルは、そう簡単に剥がれない。

こうしたやりかたは、やっぱりどこか間違っていて、要するにそれは、本来は対比の対象にならない、「状態」と「手段」とを、あたかも対比可能な何かであるように並べてみせることで、聴衆の誤解を誘う手段に他ならないのだけれど、「これ」という名前がついていないからなのか、あまりこれが叩かれる場面を見たことがない。

「戦争」と「平和」みたいに、本来は対比の対象にならない何かを反対語として対比させるやりかたは、現実的な解決を唱える相手を潰す必要が生じたときには、しばしば便利な武器となる。

一般化すると、誰もがそう思う「望ましい状態」と、「それを達成するのに必要な、何かに痛みを強いる手段」とをそれぞれ探して、それをあたかも反対語であるかのように対比させる。現状に対して、「望ましい状態」が欠けている、その責任は相手の側にある、とまずは断じて、相手がそれに反論すれば、「お前は戦争主義者だ」みたいに、相手に対して「痛みを強いる手段を好んで用いる者だ」というレッテルを貼って、さらに叩く。

こうしたやりかたは、言葉が勢いを失わない限り、冷静な議論を遠ざけておくことができる。きつい言葉で相手を罵ることで、相手に対して「この人とは話しても無駄だ」というあきらめを促す。冷静な議論になれば敗北必至の情勢であっても、勢いで押し切ることに成功すれば、少なくともその「議論」において、勝利宣言をするところまでは持って行ける。

permalink
ネトゲだってプレイ中にSS撮りまくってると、数年後見返して若いころ旅行行ったときのアルバム見てるような気分になれる